新規客の開拓・既存客との関係強化・売上アップに繋がるスマホ対応のWEBサイト制作用CMS【Buddy(バディ)】
 

WEB制作 Buddyのご紹介

従来のHPvsCMS

CMSによるWEB制作サービスの勧め

従来のホームページ vs CMS

前節では「企業むけCMS」の概要をご説明したのですが、ご理解いただけたでしょうか?

本節ではもう少しふみこんで、従来のホームページ制作サービスと、CMS」を利用したホームページ制作サービスとの違いについてお話ししていきましょう。

CMSを利用するメリット

従来のホームページ制作サービスと比較すると、CMSを利用したホームページ制作サービスには、以下のようなメリットがあります。

  1. ホームページ制作の手間がかからないので、低価格なサービスが提供できる
  2. テンプレート機能を利用することで、社内にデザイナーがいない企業でも、
    本格的なデザインのホームページが提供可能
  3. 資料請求等のフォーム機能が標準装備されているので、CGIプログラムの開発が不要
  4. お客さま自身でホームページの更新が行えるので、
    納品後のサポート工数があまりかからず、手離れが良い

それでは各メリットについて、お話ししていきましょう。

ホームページ制作の手間がかからない

CMSを利用してホームページ制作サービスを提供すると、通常のホームページ制作ソフトを使った従来のホームページ制作に比べて、制作の工数を大幅に削減することができます。

弊社の経験値ですが、通常のホームページ制作に比較すると、CMSを利用することで、制作工数を1/3以下に削減することができます。

デザイン作成の手間を削減

ホームページを作成する場合、通常はまず最初に「デザイン」を考えます。トップページの色や形を考え、おしゃれな画像を配置して、全体の「みてくれ」を整える作業のことです。

ここで問題になるのは、このデザインの作成お客さま毎の個別対応だということです。

お客さま毎に毎回、一からデザインを作成しますので、どうしても手間がかかってしまいます。

いわばオーダーメイドのスーツのようなもので、お客さまごとに個別の作業が必要なため、相当の工数がかかってしまうのです

それともう一つ、ホームページの「ページ数に比例して、作業の手間がかかる」ことも、制作工数が増える理由です。

ホームページというのは、自動でページが作成されるわけではありません。制作担当者が1ページ1ページ手作りしていきます。

しかもその作業がすべてオーダーメイドの個別作業ですから、ページが増えれば増えるほどそれに要する手間も増えてしまいます。

たとえば、通常、各ページにはサイドメニューが用意されています。

サイドメニューは、文言が変わったり、新しくページが追加になったりすると、その都度全てのページのサイドメニューを変更しなければなりません。

ページ数が少ない場合はともかく、ページ数が増えれば増えるほど修正の手間も増え、影響範囲は膨大になってしまうのです。

テンプレートを使えば
手間をかけずに制作可能

CMSを利用すると・・・・

一方、CMSを利用すると、テンプレートという技術を使うことで、それほど手間をかけずにホームページの制作が行えます。
 

まずデザインの設計作業については、あらかじめ用意された「デザインテンプレート」 を流用することで、毎回お客さん毎にオーダーメイドでデザインを考える必要がなくなります。

また、よく使う機能やメニューをテンプレートの形で部品化することで、ページの制作に必要な作業を削減することもできます。

テンプレートという技術の中に、ホームページ制作に必要な「デザイン」や「各種の部品」を用意することで、毎回毎回オーダーメイドで一から手作りする必要がなくなるため、作業工数大幅に削減することができるのです。


先ほどの「通常のホームページ作成」が「オーダーメイド」だとすれば、CMS」は「レディーメイドです。

「オーダーメイドの紳士服」の代わりに、事前に用意されたパターンから選ぶ「既製服」のイメージなのです。

低価格のサービス提供が可能に

従来のホームページ作成では、お客さま毎に一件一件設計しますから、どうしてもコストが高止まりします。

しかしCMSなら、事前にホームページの「テンプレート」というデザイン等の共通部品を準備し、個別の設計部分をなるべく少なくすることで、ホームページの制作工数は随分と少なくなります。

そして、作業工数を削減できれば、お客さまに対しても低価格なホームページ制作サービスが提供できるのです。

今までは手間がかかるため、どうしても高い費用を請求せざるをえなかったのですが、CMSを使えば制作の工数があまりかかりません。

弊社の経験では、制作の工数が約1/3になりますから、価格を多少引き下げても、充分な利益が確保できます。

従ってCMSを利用することで、競争力のある低価格なホームページ制作サービスが提供できるわけです。

社内にデザイナーがいなくてもホームページ制作可能

また、「デザインテンプレート」を利用することで、社内に専門のデザイナーがいない企業でも、本格的なデザインのホームページをお客さまに提供することができるようになりました。

実はホームページ制作サービスを手がける場合、最大のネックはHTML等の専門スキルではなく、「お客さんが満足するようなデザインのホームページが作れない」という点にあります。

ドリームウィーバーやホームページビルダーといった制作ソフトを使えば、ホームページを作ること自体はそれほど難しい話ではありません。専門スキルがない人でも、一通りのホームページを完成させることができます。

しかしながら、こうした制作ソフトはお客さんが満足するようなホームページのデザインについてサポートしてくれる訳ではありません。デザインの勉強をした事がない人がいくら頑張っても、いかにも素人っぽいデザインのホームページになってしまいます。

そのため、それなりに本格的なデザインのホームページを作ろうと思えば、どうしてもデザインセンスのあるプロのデザイナーの手を借りることになってしまいます。

社内にこうしたデザイナーがいない場合、このデザイン部分がホームページ制作のネックになります。お客さんが満足するデザインのホームページを制作することができないので、ホームページ制作サービスを提供することに躊躇してしまうのです。

ところがCMSを利用すると、こうした心配がなくなります。

CMSにあらかじめ用意された「本格的なデザインテンプレート」の中から、お客さんにお気に入りのデザインを選んでもらえば良いのです。

あらかじめ、お客さんが満足するような本格的なデザインが豊富に用意されていますから、たとえ社内に専門のデザイナーがいなかったとしても、プロが作ったホームページを提供することができます。

従って、社内に専門デザイナーがいない企業でも、CMSを利用すれば、お客さんが満足するような本格的なデザインのホームページを制作することが可能なのです。

フォーム機能の標準装備で、CGIの開発不要

またCMSを利用すると、フォームを作る際にもCGI等の専門スキルが必要ありません。

一般に企業サイトを作る際には、資料請求や問合せ用のフォームを準備する必要があります。

こうしたフォームを作るには、CGIと呼ばれる専門スキルが必要となるのですが、このCGIという技術のハードルが非常に高いのです。

社内にCGIという技術に詳しい技術者がいれば、お客さまの要望にあわせて柔軟に各種のフォームを提供することができるのですが、こうした技術者を抱えていない企業も少なくありません。

そのため、お客さんの要望にあわせた資料請求等のフォームを提供できず、ホームページ制作サービスを提供する際のネックとなってしまうのです。

でもCMSを利用すれば、CGIという技術を使わずに各種のフォームを用意することができます。管理画面からの簡単な操作だけで、問合せフォームや見積りフォームを提供することができるのです。

従ってCMSを利用すれば、社内にCGIの技術者がいない企業でも、お客さんのニーズにあわせたフォーム提供が可能です。

お客さま自身でホームページの更新が行える
ので、手離れが良い

さて、CMSの最大のメリットは、「更新が簡単」という点にあります。

そのため、専門スキルを持たない一般のお客さまでも、納品後のホームページを自分で簡単に更新できます。ワープロソフトが使える程度のスキルがあれば、文字の修正や写真の貼り付け等が簡単に行えますから、誰でも自分でホームページの更新ができるのです。

ホームページ納品前に、細かい文言の修正や追加要望でなかなか納品できない、というケースは少なくありません。

でもお客さまが自分で更新できるのであれば、「後はこちらでやっておきますよ」と簡単に納品させてくれます。

また納品後のお客さまから、追加の修正変更を頻繁に依頼されて大変だ、という制作会社も少なくありません。

でもCMSなら、お客さま自身でコンテンツの更新や追加ができます。制作会社に修正依頼をしなくても、自分自身でホームページの修正や変更を行ってくれるのです。

その結果、CMSを利用してホームページを制作してあげると、お客さまへの手離れが随分と良くなります。細かい修正や変更に振り回されることなく、もっとお客さんが本当に必要としているサービスに時間を使うことができるようになるので

CMSを利用するメリット

それでは最後に、ホームページ制作サービスでCMSを利用することのメリットを、もう一度おさらいしておきましょう。

CMSでは、事前に用意されたテンプレートを利用することにより、

  • 制作工数を大幅に削減
  • 専門スタッフがいなくても、本格的なデザインのホームページが作成可能

さらに、フォーム機能が標準装備されており、

  • CGIプログラムの開発が不要

そして、ホームページの更新が簡単に行えるので、

  • 納品後のサポート工数があまりかからず、手離れが良い

といったメリットがあります。

もし御社もホームページ制作のサービスをご検討中なら、ぜひCMSを利用したサービス提供をご検討ください。

下記に、弊社が提供するCMSの概要をお話ししておりますので、御社のサービス検討の一助にしていただければ幸いです。

CMSをお試しいただけるデモアカウントのお申込みや、価格・サービス導入までの流れ等、詳しい資料を無料で差し上げます。お気軽にお申込みください。

ホームページ制作サービスを利用した「新規顧客開拓」ノウハウ等の今後のビジネスのヒントや、パートナー制度の詳細をお話しする説明会です。